話題のまとめニュース

ネットで話題のニュースをまとめました!

【宇宙】3年前に地球を出発した「はやぶさ2」、6月にも小惑星「リュウグウ」到着...帰還は東京五輪後

   

1 :ハンバーグタイカレー ★:2018/01/04(木) 08:28:50.78 ID:CAP_USER9.net
http://www.sankei.com/smp/premium/news/180104/prm1801040010-s1.html

 3年前に地球を出発した小惑星探査機「はやぶさ2」の挑戦が、いよいよ山場を迎える。間もなくエンジンの運転を再開し、6月にも目的地の「リュウグウ」に到着する見通しだ。探査場所は短期間で決めなくてはならない難しさがあり、目標達成は予断を許さない。

はやぶさ2は小惑星の物質を世界で初めて地球に持ち帰った初代はやぶさの後継機。これまでの航行は順風満帆で、往復約52億キロの旅路の半分が過ぎた。目的地のリュウグウまであと約400万キロに迫っており、6月21日〜7月5日に到着する見込みだ。

 チームを統括する宇宙航空研究開発機構(JAXA)の津田雄一プロジェクトマネージャは「順調に稼働しているが、ちょっとしたことでいつ崩れるか分からない。運用には大胆さと、少しの異常の兆候も見逃さない繊細さが必要だ」と気を引き締める。

 探査のハイライトは世界初となる小惑星の地下の物質採取だ。探査機はまず上空から衝突装置を分離し、安全な裏側に退避。衝突装置を爆発させて地上に弾丸をぶつけ、人工的にクレーターを作る。その後、探査機がここに降りて、露出した地下の物質を採取する作戦だ。

 機体を加速させるイオンエンジンの連続運転を今月8日をめどに再開する。3回目となる今回は約5カ月かけ、探査機の軌道をリュウグウの軌道にピタリと合わせる重要な運転だ。JAXAの吉川真ミッションマネージャは「軌道がずれると、回復に多くの時間や燃料を使い探査期間が短くなるなどの制約が生じる。最悪の場合、力不足で到着できなくなる」と明かす。

 初代と事情が大きく異なるのは、小惑星の素性がよく分かっておらず、探査計画を立てにくいことだ。初代が訪れた「イトカワ」は米国のレーダー観測で、およその形などが分かっていた。しかしリュウグウは遠いため観測できず、サトイモ形とも推定される姿が見えてくるのは、到着のわずか約1週間前だ。

全文はURL先で
http://www.sankei.com/images/news/180104/prm1801040010-p1.jpg
http://www.sankei.com/images/news/180104/prm1801040010-p2.jpg
http://www.sankei.com/images/news/180104/prm1801040010-p3.jpg

17 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 11:13:15.94 ID:DP1r4unE0.net

今は夢物語であっても人間は宇宙開を拓進めて行く以外に生き残る方法が無い。
出来なきゃいずれ滅びる。
能力と資金があったら取り組んでみたいと思うのは普通だと思うけどな。

23 :名無しさん@1周年:2018/01/05(金) 13:45:19.30 ID:4SOE0vBG0.net

>>17
まあそんな未来が来る前に別の理由で人類は滅びそうだけどな

3 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 08:31:24.63 ID:K0AQmLai0.net

ワクワク
http://9ch.net/lx

31 :名無しさん@1周年:2018/01/05(金) 21:45:06.96 ID:dP/kV8j10.net

知的好奇心が無い国は滅びる

はやぶさガンバレ

13 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 10:21:45.04 ID:S6Cd8ZgS0.net

>>8
どこでもやってるんだが
有人飛行が最上ではないよ

8 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 08:46:26.38 ID:tKgSlE2w0.net

思うんだが、何で日本がこういう事やってるのか?
宇宙に関しては日本よりアメリカやロシアの方が進歩してそうだから、何故2国がやらんのかが不思議なんだが…

11 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 09:54:22.64 ID:/wvMpxhE0.net

で、これが成功したから(失敗したから)7なんなの?ってこと
厨二病のロボコン好きのキモオタがそのまま大人になった感じだわ

44 :名無しさん@1周年:2018/01/06(土) 21:18:10.22 ID:HQWi1jRB0.net

>>43
はやぶさ2:「地球スイングバイ」はミッション全体の「2〜3歩目」、宇宙の海へさらに深く=記者会見詳報
http://mainichi.jp/feature/news/20151016mog00m040020000c.html

--スイングバイによって秒速1.6キロ分加速するということだが、もしイオンエンジンでこの加速を得ようとすると、何時間くらいの噴射が必要か。

津田さん はやぶさ2の全力を使い、イオンエンジンを1年間噴き続けなければできない。燃料も6割増し程度が必要。
はやぶさ2は打ち上げ時、60キロのイオンエンジン用燃料を積んでいたが、スイングバイなしにこの加速をしようとすると40キロ多く積まねばならず、打ち上げられなかったことになる。

--全体として2〜3歩目としても、リュウグウへ到達するためには非常に大きなイベントなのではないか。

津田さん はやぶさ2は、小惑星へ往復する宇宙航行技術を磨くこともミッションの目的だ。
はやぶさ2のミッションは、イオンエンジン航行、スイングバイを含む深宇宙航行という太陽系航行のための最先端の技術を駆使しなければ達成できない。
その一つ、スイングバイを成功させることはミッションの必達事項だ。一方、スイングバイ後にイオンエンジンの本格的な稼働が待つ。
これまでの稼働時間は約600時間だが、その10倍くらい噴かなければリュウグウには到達できない。スイングバイ後も試練が待ち受けている。

39 :名無しさん@1周年:2018/01/06(土) 07:30:47.46 ID:NCHX3Sng0.net

>>33
ターゲットマーカーのはず
初代はやぶさはそうだった

7 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 08:42:48.07 ID:c4/8RS5I0.net

朝鮮の舞台へって、

どうゆうこと?

19 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 11:26:54.90 ID:3gD9zTA70.net

リュウグウはどこへお使いに行ってんの?

16 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 10:47:25.50 ID:e2OH019I0.net

宇宙開発が無意味?
日本の教育を高校まで普通に受けてたらそんな考えは持たないだろうに。
富士山頂に気象レーダーは台風の接近が1日前に観測できて
国民に注意有為を促せたが、気象衛星が発達した現在では
台風の発生初期段階から予報が出る。
GPS衛星ができて紙の道路地図がカーナビになった。
宇宙開発によってもたらされた恩恵はたくさんある。

37 :名無しさん@1周年:2018/01/05(金) 23:59:01.55 ID:WN3+SR8D0.net

>>22
税金払ってないくせに偉そうに吠えるな

21 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 22:52:42.81 ID:JeQ60UHz0.net

俺以外に名前載っけてもらった人いる?

4 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 08:31:35.75 ID:jrPM/fOi0.net

朝日毎日NHK「失敗しろ〜失敗しろ〜」

33 :名無しさん@1周年:2018/01/05(金) 22:55:01.01 ID:qsJXzTPl0.net

>>28
募集した名前とか書いたのはどれ?

34 :名無しさん@1周年:2018/01/05(金) 23:15:46.80 ID:XxIYm6RX0.net

中身はほとんど韓国製

18 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 11:26:22.62 ID:ftfCU5gR0.net

下着によって、女の気持ちは変わるもの。
http://yahk.shop/20180104/
http://o.8ch.net/11r0k.png

43 :名無しさん@1周年:2018/01/06(土) 21:14:50.50 ID:HQWi1jRB0.net

>>28
ISAS 宇宙大航海時代への予感 - 宇宙科学の最前線 (1〜3ページ)
http://www.isas.jaxa.jp/j/forefront/2004/kuninaka/index.shtml

より遠くへ飛翔するために

宇宙で推進するには、質量を放出(ジェット噴射)したその反動を用います。
より遠くに出掛けるには、より強いジェットが必要です。ジェットの強さは、放出質量(推進剤量)と噴射速度の積です。
宇宙は真空で、吸い込むものがないので、推進剤はあらかじめすべてを持参しなければなりません。
しかし、ほかの荷物を降ろさない限り、もうこれ以上は宇宙機に詰め込むことはできません。

そこで推進剤の量を増やす代わりに、速いジェットを作るのです。これまでのヒドラジン・スラスタの噴射速度は秒速3kmでしたが、
イオンエンジンはその10倍の秒速30kmを発生できます。このように噴射速度の速いことを「高比推力」といいます。
軽い機体に高比推力エンジンが搭載されれば、ますます遠くへ飛翔することができます。

図2には、これまで宇宙科学研究本部(旧宇宙科学研究所)が打ち上げた人工衛星やロケットの燃料(推進剤)重量占有率と軌道変換能力を示します。
「はやぶさ」以前の宇宙機システムはいずれもヒドラジン・スラスタを用いていましたから、燃料は宇宙機全体の重量の50%に達するにもかかわらず、軌道変換能力は1km/s前後でした。
ところがイオンエンジンを搭載した「はやぶさ」では、推進剤はたった13%なのに、4km/sも発生できるのです。
この数値は、打上げロケット1ステージ分の軌道変換能力を凌駕(りょうが)していることもお分かりでしょう。
ロケットによって宇宙に放り出された後は惰性で慣性飛行するこれまでの人工衛星とは異なり、「はやぶさ」は自ら軌道変換して目的の方向に航行することのできる「宇宙船」なのです。

図2
http://www.isas.jaxa.jp/j/forefront/2004/kuninaka/image/fig2-1.jpg

41 :名無しさん@1周年:2018/01/06(土) 20:14:16.48 ID:KpWAgB+M0.net

>>37
的確すぎるw

5 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 08:31:51.09 ID:yV1E3mN80.net

美人な姫さんはどこ?

48 :名無しさん@1周年:2018/01/06(土) 21:32:14.57 ID:NCHX3Sng0.net

>>46
BBCあたりにドキュメンタリー作って欲しい
初代の映画は残念なのが多かった

42 :名無しさん@1周年:2018/01/06(土) 20:42:17.56 ID:pajp5upJ0.net

楽しみだな〜きっと金やプラチナがざっくざくでしょうねぇ(^O^)

47 :名無しさん@1周年:2018/01/06(土) 21:21:50.15 ID:HQWi1jRB0.net

>>45
小惑星の種類と探査 サイエンス JAXA はやぶさ2プロジェクト
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/science/asteroids/

>S 型小惑星は、地球上で最もたくさん発見されている隕石である「普通コンドライト」のふるさとではないかと予想されていましたが、それを立証する手立てはありませんでした。
>2005年、小惑星探査機「はやぶさ」はS型小惑星「イトカワ」に到着し、その観測データからこの予想が正しいことを示しました。
>さらに、2010年、「はやぶさ」はイトカワの物質を地球に持ち帰ることに成功しました。
>その物質を分析したところ、S型小惑星が普通コンドライトの母天体であることが完全に証明されたのです。

>これに対して、「C 型小惑星」は、「炭素質コンドライト」と呼ばれる隕石のふるさとであると予想されています。
>「はやぶさ2」が向かうC型小惑星は、有機物(炭素を含む化合物)や水を多く含む天体と考えられています。
>炭素と水は、我々人類を含む地球上の生物の最も基本的な要素であり、地球生命の原材料とも言えるでしょう。
>「はやぶさ」に続く「はやぶさ 2」ミッションでは、このC 型小惑星からのサンプルリターンを行います。

>また、将来ミッションとして、人類がその物質をほとんど手にしたことがないP型やD型小惑星等を探査する検討も始まっています。
>これらの小惑星からのサンプルリターンが成功すれば、太陽系誕生時の最も古い情報を保った物質を発見できる可能性があります。

25 :名無しさん@1周年:2018/01/05(金) 14:19:02.50 ID:BpYUn6kD0.net

人類初の対小惑星砲撃実験だからな

22 :名無しさん@1周年:2018/01/05(金) 13:38:03.62 ID:03e+JdQ20.net

くだらん 税金の無駄

税金は科学者のおこづかいじゃねえ

9 :名無しさん@1周年:2018/01/04(木) 08:47:18.87 ID:QNLMoS6u0.net

>>8
アメリカは既にやってる。ロシアは金がない。中国はやる気満々で開発中。

36 :名無しさん@1周年:2018/01/05(金) 23:55:29.70 ID:hyjc471S0.net

取った土の映像を帰還の途中で地球に送ったりしないの?

35 :名無しさん@1周年:2018/01/05(金) 23:21:47.13 ID:WqhnyXqI0.net

>>34
失せろ。氏ねや。朝鮮人が。

35 :名無しさん@1周年:2018/01/05(金) 23:21:47.13 ID:WqhnyXqI0.net

>>34
失せろ。氏ねや。朝鮮人が。




 - ニュース